個人事業主のバンクイック審査での注意点

キャッシングベスト3

バンクイックは個人事業主でも借りれますか?審査は厳しい?

脱サラで店を始めてもうすぐ10年経ちます。店の方はいいのですが、自宅の家具を買い替えるのに少し借りたいんです。

三菱東京UFJ銀行を普段使っているので、バンクイックがいいなと思っています。でも個人事業主って審査に通り難いと聞いているので心配です。審査は厳しいんでしょうか?

個人事業主の方は年収証明書を必ず添えて申込みましょう

バンクイックの申込条件は、満20歳以上65歳未満、国内に居住する個人、安定した収入があってアコムの保証を受けられるということが条件です。つまり個人事業主の方であれば、この条件を十分に満たしているということになりますね。バンクイックならば問題なく申込をすることができますよ。

しかし個人でお店をしている場合、収入が月によってある程度のバラつきがあるかもしれません。そこが、どうしても審査においては不安要素になってしまいます。バンクイックの返済は毎月ありますから、その月によっては返済が困難になるというのではやっぱり困りますよね。これこそが、給料が一定である会社員に比べて、個人事業主が審査に通り難いと言われている原因なんです。

それに個人事業主では、年収の申告をしてもその裏付けが薄い状況ですよね。自分のお店ですからなんとでも言えてしまいます。そのため個人事業主の場合には、100万円以下の借入であっても収入証明書の提出が必要になる場合があります。納税証明書その1・その2がその提出書類ですので、必ず手元に用意しておきましょう。バンクイックに限らないのですが、どの金融業者も必要だと判断されれば、新たな書類の提示を求めてくることがあります。

個人店主の場合、本当にお店を経営しているのか、ちゃんと営業をしているのかなど、お金を貸す側にとっては不安材料も少なくありません。この点を補強するような公的資料があるのならば、それも念の為に準備しておくことをお薦めします。必要書類が要求に応じて即座に提出できるというのも、信用を高めるには大切なことですよ。これ以外のこととしては、申込書をきちんと作成するくらいしかありません。嘘をつかず正直に申告するという態度は、必ず評価されるはずですよ。
(⇒融資審査は何故嘘が許されないのか

個人事業主はバンクイックの借り入れ審査が難しい?

個人事業主がバンクイックを申し込んでも、審査で落とされてしまうという噂があります。結論から言うと、それは単なる噂であって、真実ではありません。なぜこのような噂が流れるのかというと、個人事業主の場合は申し込みから融資に至るまでに、一般に比べて必要な調査が多い分、手続が煩雑で時間がかかるからです。

もし借りる人が普通のサラリーマンならば、申し込んで、最短で当日には融資を受けることができます。もちろん当日というのは各種条件をクリアした最短の例ですが、一般には翌日か翌々日には融資を受けることが可能です。サラリーマンの場合、貸す側にとっても調べるものが少ないからです。安定収入があるのか、あるとすれば月々いくらほどなのか。他社からの借入はないか、あるとすればいくらで、月々の返済は滞っていないか。過去に重大な金融事故、またはクレジットの著しい滞納歴はないか。申告した勤務先に、本当に勤務しているのか。サラリーマンに融資をするうえで、必要不可欠な情報は、せいぜい上記の程度です。その程度の情報があれば、確かに返済能力を判定することができます。

それに対して、個人事業主は少々厄介です。いくら前年の年収が多かったとしても、いくら今月の収入が多かったとしても、その収入が来月以降も続く保証はありません。そもそも、そんなに収入が良いのに、カードローンを申し込んでくるという事自体が怪しいと思わざるを得ません。サラリーマンの場合は属性だけを見れば、大体返済能力が判断できるのに対して、個人事業主の場合は、属性だけでは判断できないことがあまりにも多いのです。一見儲かっていそうなラーメン屋でも、実は資金繰りにカツカツだったりします。そんなにお客さんが入っていないように見えても、堅実に安定収入を確保している美容院などもあります。

貸す側にとって、個人事業主の返済能力を判断するには時間がかかるのです。だから、簡素手続きが売りのカードローンでも、少々面倒なのです。それが審査で落とされてしまうという噂の根拠です。したがって、面倒な手続きでも受け入れられるのであれば、通常に安定収入さえあれば審査は普通は通るものです。

【参考ページ】
個人事業主と融資審査をする側の本音

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.