【不安】多重債務になってしまうのはなぜか不安になります

Q.今月は会社の飲み会や友達との飲み会が続いてお金が足りなくて困っています。普段、何も予定がない時の生活費はプラスマイナス0で生活できているんだけど、今月みたいに飲み会が続いたらアウトです。今回はたまたま飲み会が続いてしまったから生活費が不足しただけで、一時的なものだからカードローンで借入れして乗り越えようと思うんだけど、一度借入れしたら癖になって多重債務になってしまうのではないかと不安になります。そこで多重債務になってしまうのはなぜか教えてください。

A.多重債務になる人は真面目な人が多いね。カードローンで借入れをして、最初は返せるんだけど、借りては返してを繰り返しているうちに、カードローン会社から信用してもらえるんだよ。そうなると利用枠が増える。利用枠が増えてしまうと気が大きくなってしまって借りてしまう。借りてしまったら返せる金額を超えてしまうこともある。そうなると返済が追い付かなくなってしまう。

そんな時に真面目な人は「利息だけでも払っておこう」と考えてしまうんだ。それも新たに借入れをしてムリして返すことがあり、これが多重債務へとつながるんだ。利息だけを払っても元金は全然減らないんだからいつまでたっても借金は無くならないよね。だから、返済できる以上の借金をしてしまったら早めに弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談する方がいい。

賃金業法が改正されてからは借入れできる金額は年収の3分の1までとされているし、利息も利息制限法に定める上限金利を厳守するようになっているので以前よりは金利も低い。つまり多重債務の原因となっていた融資のし過ぎや利息制限法を無視した高金利が無くなって多重債務に苦しむ人は減ってきている。だから、むやみに多重債務になってしまうのではという不安は抱える必要はないよ。

ある人たちが多重債務になってしまうのはなぜか

素朴な質問があります。カードローン破産をする人や、その前段階として多重債務になってしまう人がいますよね。実はわたしの彼氏もその一人です。普段は優しくて、穏やかな性格なのに、ギャンブル好きで、一旦ハマっていまうと、平気で10万、20万円浪費してしまいます。それで多重債務になった結果、最近自己破産してしまいました。私が知りたいのは、なぜそこまで自分を破滅させるまで借りてしまうのか、ということです。その理由を教えていただきたいです。

単なる計画性のなさ、だけでは片付けられないこともある

結論からいうと、あなたの彼氏を更生させたり、変えたりしようとするのは相当困難だと思います。自分を害することを分かっていて、それでも自分をコントロールできない人は単に計画性がない、とかだけでは片付けられない場合があります。専門家によってはそれはある種の病気だと断定する人もいます。

多重債務者に陥る人は、多くは借金を重ねても何とかなるだろうという間違った見方を持っています。それを楽観的とはいいませんよね。自分が責任を取れないのに、お金を借り続けるわけですから、無責任な選択を続けているということになります。では、なぜ、そんな決定をするのかというと、その一つの理由はだれかが責任をかわりにとってくれるだろうと思っているわけです。挙句の果ては自己破産ということですね。

ですから、そんな彼氏といるとあなたにも火の粉がかからないとはいえません。もちろん、感情はあるでしょうが、客観的に見ると、あなたの幸せのためには別れるのが一番です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.