友人がバンクイックはアコムと同じと言うんですが違いますよね?

友人が、「バンクイックは銀行のカードローンと言っているけど、中身はアコムと同じ」と言うんです。アコムはバンクイックの保証会社ですから、審査に影響するのはわかりますが、でも、バンクイックはアコムと同じだという発想は違いますよね?

アコムはバンクイックの保証会社ですから、厳密に言えば違います

厳密に言えば質問者様の仰るとおり、バンクイックとアコムは別物です。あくまでバンクイックは「三菱東京UFJ銀行のカードローン」であって、アコムはその保証会社に過ぎません。消費者金融としてのアコムとはサービス内容も金利も全く違いますし、「バンクイック=アコム」というのは違いますね。

ただ、ご友人の言う意味も理解できます。バンクイックは「三菱東京UFJ銀行第二リテールアカウント支店」が取り扱っていますが、その支店が実質アコムの経営ではないか、というお考えなのでしょう。ゆるキャラの「中の人」みたいな感じですね。これが実際はどうなのかは我々利用者にはわかりません。看板は「三菱東京UFJ銀行第二リテールアカウント支店」なのですから、銀行なんです。その採用経路やグループ関係での人事的なものは、内部の方にしかわかりませし、わからなくていいんです。ちゃんとした取引きさえしていれば、アコムでも銀行でも、どっちでも「いいお客様」として迎えてくれますし、アコムから借入れがあってもバンクイックの審査に通る人は沢山いるんですから。

アコムとバンクイックの仕組みの違いは何ですか?

アコムは元は大手消費者金融でしたが、2008年に三菱東京UFJ銀行に買収され、三菱東京UFJ銀行の子会社になりました。

そしてバンクイックはその三菱東京UFJ 銀行の無担保カードローンの名称でして、両者の違いは消費者金融か銀行ローンかです。それで総量規制で消費者金融側は貸し出しの方に制限が有ります。

アコムのローンは消費者金融のローンでして、担保・連帯保証人無しで最高500万円まで借りられます。金利も最大18%です。

バンクイックは同じく担保・連帯保証人無しで最高500万円まで借りられます。しかしこっちは金利が最大14.6%と銀行ローンらしく消費者金融の金利より低いです。

そしてバンクイックは保証会社が融資の返済を保証するということで、担保・連帯保証人無しで融資を受けられます。それで保証会社がアコムでして、融資の契約の審査がどちらも同じだから、違いが分かりづらいというのもあります。

しかし、銀行カードローンの保証会社の審査と消費者金融の審査では、同じ会社といえども基準が違います。消費者金融は金利収入が大きいけれど、保証会社は数%の保証料だけです。だから保証会社の方が収入が少ない分審査が厳しくなります。それで同じ会社だから二つとも同じ審査基準に思えますが、損益で考えれば同じ審査レベルだと保証会社の方が収益が落ちます。

ただ親会社の三菱東京UFJ 銀行が儲けたいから、審査を甘くして契約者を増やそうと審査を甘くさせているのかもしれません。専業主婦でも借りられるくらいですから、その可能性は無いとは言えません。同業他社の三井住友銀行は専業主婦は借りることは出来ませんから。

アコムとバンクイックの違いは子会社と親会社、消費者金融と銀行と金利の違いが有り、担保・連帯保証人無し、最高500万円まで貸し出し、審査が同じアコムと確かに重複している所も有りますが、消費者金融のローンと銀行ローンはまったく別物です。だから似ていてもまったく違うと尾いうことです。

【参考ページ】
アコムとバンクイックの関係

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.