バンクイックの方が利用しやすいと思います

キャッシングベスト3

三井住友銀行のカードローンとバンクイックはどちらが借りやすい

24歳の工員です。銀行系のカード会社を探していました。最後に候補の会社が2つ残りました。それは、三井住友銀行のカードローンと、三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックです。漠然とした質問かも知れませんが、審査の厳しさなども含めて、ズバリ、どちらのカードローン会社が借りやすいでしょうか?

バンクイックの方が利用しやすいカードだと思います

借りやすいというご質問は、二つのご質問に聞こえてしまいます。一つは両社を比較して審査がより通りやすい方なのかという意味での借りやすさです。もう一つは手続きが簡単で利便性が高いという意味の借りやすさの二つです。どちらのご質問か解りにくので、その両方の質問にお答えします。

まず審査の難易度ですが審査基準はどの会社も秘密ですから、あくまで金利から判断しての推測です。まずは、それぞれの会社の金利と利用限度額を比べて見ましょう。まず、三井住友銀行カードローンの金利は年利率4.0%~14.5%で利用限度額最高で800万円です。

そして、三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックの金利は、年利率4.6%~14.6%利用限度額は最高で500万円です。両方とも銀行ですが、三井住友銀行の方が金利が低くて利用限度額が高いです。金利が安くて利用限度額が高いという銀行の特徴がより強いのが住友銀行の方です。

というわけで住友の銀行の方が三菱東京UFJ銀行より、審査が厳しいと予想できます。次に手続きが簡単なのは審査からカード発行までの迅速さですから申し込みの手続きなどを比較すると三菱東京UFJ銀行の方がテレビ窓口のカード発行などのシステムが有るので簡単です

そして利便性で言うと提携ATM手数料では利用時間帯によっては有料になる住友銀行より、三菱東京UFJ銀行の方がお得です。こういう風に、細かい条件を見比べていくと、三菱東京UFJ銀行のバンクイックの方が、借りやすいと言えます。ただし個人のニーズや環境、個人を取り巻く条件によっては、必ずしもそうでない場合があるという事も、つけ加えておきます。(参考ページはこちら→バンクイックのATMでの使用感

三井住友銀行のカードローンと三菱UFJのバンクイック

毎月、決して多くない収入の範囲内でお金をやりくりしていたけど、突発的にまとまったお金が必要になったら、困りますよね。とりあえず、友人や知人からお金を借りる、ということを考えることは多いでしょうけど、数十万円の大金となると、なかなか一度に貸してくれる人は少ないでしょう。
(⇒突発的な出費に最適な融資方法

そんなときには、急場をしのぐために、銀行などの金融機関のカードローンを利用して、一時的にお金を借り入れるのはいかがでしょうか。

最近では、銀行や信用金庫など、多くの金融機関がカードローンを取り扱っています。そのため、初めてカードローンを利用される方にとっては、それぞれのカードローンの何が違うのかが分からず、どこのカードローンに申し込めばよいのか迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方には、信用力が高く、安心感のある、大手銀行のカードローンを選択するのも1つの手です。例えば、三菱東京UFJ銀行のバンクイック、三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローンという、三大メガバンクがそれぞれ取り扱っているカードローンは、安心感があるだけでなく、金利が低いという点でも魅力です。例えば、三菱東京UFJ銀行のバンクイックでは、実質年率4.5%~14.5%と、業界最低水準の金利設定です。金利が低いと、その分、利息の支払いが少なくて済むことから、カードローンで借りたお金の返済の負担が小さくなります。

また、カードローンは、ローンカードをATMで使用することにより、お金の借り入れや、借りたお金の返済ができます。この点、大手銀行のカードローンは、借り入れできるATMの数も多いというメリットもあります。利用できるのは、それぞれの銀行の店舗や、駅や商業施設等に設置されている自社のATMはもちろん、提携する他の金融機関のATMや、提携コンビニエンスストアに設置されているATMも利用することができます。そのため、いつでもどこでも、好きなときに、借り入れや返済ができますね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.