もびっととバンクイックの審査基準ってどう違うの?

ちょっと不思議に思ったので質問させて下さい。

モビットとバンクイックって、同じ銀行のグループ会社ですよね?でも、テレビのCMとか広告とか見てる限り、どっちも同じような業務をやっているようにしか見えないんだけど…審査基準が違うとかかなぁって勝手に思っているんですけど。他にも違いとかあるんでしょうか?

細かいサービス内容が違うため、審査基準はそれぞれで異なります

質問者さまと同じような疑問を持っている人は結構多いのではないでしょうかね?

確かにモビットとバンクイックは同じ《三菱東京UFJ銀行》の傘下のグループ会社です。しかし、同じような営業ないようでありながら、根底にあるものには確かな違いがあります。

モビットは賃金業法に基づいて経営していて、バンクイックは銀行法に基づいて経営しています。(参考ページはこちら→この二つのルールの違いについて

賃金業法だの銀行法だのといっても、一般人にはいまいち釈然としないものなので、もう少しわかりやすくしてみましょう。

例えばモビットは賃金業法がベースなので、総量規制があります。金利も高めで小額融資を得意とします。一方、バンクイックは銀行法がベースなので総量規制外での貸付ができます。金利が低めで高額融資が可能です。
(⇒バンクイックの高額融資は最大でいくら?

違う法律の基で動いているため、この時点でもう、モビットとバンクイックが基本的に違うんだという事は理解できたでしょう。ですから当然、貸付をするにあたっての《審査基準》というのも違ってくるわけです。

賃金業法に基づいて運営している、消費者金融のモビットは小額の借入くらいはすぐに行ってくれますが、銀行法に基づいて運営している、銀行系カードローンのバンクイックはモビットと比較すると審査基準は厳しくなります。こうなると、自然と貸付する利用客層にも違いは出てきますね。

低金利で審査基準が厳しいバンクイックに比べると、高金利で審査基準がゆるめのモビットはいつでも利用できるような感じがします。なので、同じ銀行の傘下からの借入だとしても、先に低金利のバンクイックにまずは申込をしてみることをオススメします。

それでもしも審査に落ちた場合でも、今度は高金利でも審査基準がゆるめのモビットに申し込んで通れば借入が可能です。

ハードルが高いほうから受けて、もし利用可能になれば低金利で利用できますし、万が一だめだった場合でも、ハードルを下げて審査を受けたら通ったということもありますので。

また、銀行側もこのような利用の仕方をしてもらえるように違うタイプの会社を用意してサービス提供をし、より自社の利用客を増やす努力をしているのです。

もびっとやバンクイックの審査と申し込み方法を知ろう

カードローンを利用するときは、まずはどの業者を利用するか選んでおきましょう。消費者金融は対応の迅速さが魅力ですし、銀行の場合は融資限度額も大きく、低金利で利用できるというメリットがあります。まずはそれぞれの特徴をよく知っておき、それぞれに合う最適なサービスを選んでいきましょう。(参考ページはこちら→改めて見比べる銀行と消費者金融のカードローン

消費者金融では三井住友銀行グループのもびっとも人気の高いサービスです。こちらは融資限度額が500万円まで用意されており、金利は4.8パーセントから18.0パーセントとなっています。

もびっとの特徴は、WEB完結申込が行えることがあげられます。こちらは三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちで社会保険証や組合保険証をお持ちの方が利用できるサービスです。そして満20歳以上、65歳未満の方で、安定した収入があることが条件でアルバイトや派遣社員、パート、自営業の方にも利用できるようになっています。このサービスを利用すると郵送や電話なしで申し込み手続きを行うことができます。必要な書類は少し多くなりますが、勤め先などへの電話確認はなく、審査の結果もメールで知らせてもらうことができます。
(⇒今時のカードローンは仕事に関わらず作れる?

バンクイックは三菱東京UFJ銀行が提供している銀行のカードローンです。こちらの場合も最大融資限度額が500万円となっており、金利は4,6%から14.6%で銀行ならではの低金利です。利用は満20歳以上、65歳未満の方が対象で安定した収入があること保証会社の保証が受けられる方です。学生の方や本人に収入がない場合も配偶者に安定した収入があれば申し込み可能です。申し込み方法は来店の手間がなく、インターネットや電話からも行うことができ、インターネットなら最短30分で審査回答を得ることができます。そして、急いでいる場合はテレビ窓口が便利です。こちらで手続きを行うと、最短40分でカードが発行され、平日15時以降、土日祝日にも対応しています。そしてこの場合はカードを受け取るのに運転免許証が必要ですので、持参していきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.