バンクイックの次にレイクで借りる注意点

キャッシングベスト3

バンクイックの次にはレイクで借りたい!何か注意点はある?

バンクイックで50万即決だったので、次はレイクで借りようかと思ってます。サイトを見たら借りやすそうな雰囲気だったので。

バンクイックの方が堅い雰囲気だったし、レイクなら通ると思うんですが、両方の違いなど、何か注意点ありますか?

どちらも銀行ですが借入額が多過ぎにならないよう注意しましょう

バンクイックも銀行カードローンの中では借りやすい雰囲気で人気がありますよね。でもレイクも、やっぱり同じく銀行カードローンなんですよ。ずっと以前にはレイクは消費者金融でしたから、「あれっ?」と思う方も居られるかもしれませんが、現在レイクは新生銀行のカードローンです。そのため、どちらも総量規制がかからないという点では共通しています。

またもうひとつ共通点としては、どちらも保証会社が消費者金融であるということがあげられます。レイクの場合は新生フィナンシャル(元レイク)、バンクイックはアコムです。このような成り立ちがあって、どちらも銀行にしては借りやすい雰囲気があるんでしょうね。ただしだからといって、それがそのまんま審査の通りやすさに繋がっているとは限りません。やはりどちらにおいても、しっかり返済能力を審査された上でないと借入は実現しませんよ。
(⇒バンクイックとアコムは深く関係している

銀行は総量規制の対象外だということで、借入額はいくらあっても大丈夫だと勘違いしている方もいますが、決してそういう訳ではありません。総量規制とは、ご存知のようにその人の年収の三分の一以上は借りれないという、とても厳しい規定です。この規制は、消費者金融からの借入以外にもクレジットカードのキャッシングの借入も合計されます。

そのため普段からあちこちから少しずつ借りているような人は、意外と簡単に規制額を超えてしまうので気をつけなくてはなりません。ところで、総量規制を超えた借入をした場合はどうなるのでしょうか?実は借りている本人にな何も問題はありません。しかし貸した業者は行政処分の対象になってしまいます。そのため、どの業者も利用者の年収や借入額の確認にはとても神経を使っています。

ではこれが銀行になるとどうなのでしょうか。銀行ではこのような心配をする必要がありませんが、それは年収の三分の一といった一定ラインが決められていないというだけのことで、決して借入額に無頓着だという訳ではありません。銀行という総量規制の枠のないところで、むしろその人の返済能力はよりしっかりと審査されるとも考えられます。

しかしその逆に、年収の三分の一を超える借入ができてしまう可能性もあります。これをラッキーだと考えるのが普通かもしれません。でも長い目で見ると決してそうとは言えないことだってあるんですよ。銀行の判断する返済能力と、実際のその人の返済能力は必ずしも一致するとは限りません。また長い返済生活の中では思わぬことも起こりますから、最初は余裕だった返済に無理が生じることも十分考えられます。

そうなった時に、多い借入額は大きな負担となってのしかかってきます。バンクイックとレイクで例え借入がたくさんできたとしても、最後まで返済が楽にできるとは限りません。特に複数から借りる場合には、余裕のある時にはなるだけ多い目に返済をして、少しでも早く返し終われるように習慣づけておきたいものです。

バンクイックとレイクにおける大きな特徴の違い

バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローンであり、レイクは新生銀行のカードローンということから、両者は共に銀行カードローンではありますが、両者のカードローンにおける機能は全く異なっています。バンクイックは銀行カードローンの特色を備えていますが、レイクは前身が消費者金融であったため、カードローンのスペックには消費者金融カードローンの特徴を数多く持っています。

決定的な違いとしては主に、「貸出金利」、「振込キャッシング」、「他行への対応」があります。

バンクイックは銀行カードローンの特徴でもある貸出金利が低くなっており、貸出額が50万円以下の場合は14.6%、50万円超~100万円までは12.6%になっています。一方、レイクは銀行カードローンというよりも消費者金融カードローン同様な金利体系になっており、貸出額が50万円以下の場合は18.0%、50万円超~100万円までは15.0%~18.0%と、非常に高くなっています。

ところが、インターネットを利用したサービス面においてはレイクの方が消費者金融と同じようなサービスを提供していることから、利便性が数段高くなっています。例えば、インターネットからのカードローンの申込に対して、銀行の営業時間中に手続きが終了すればその日の内に借入金を利用者の銀行口座に振り込んでいます。さらに、インターネットを利用した返済にも対応しています。従って、インターネット用端末を所持していれば、家や勤務先、外出先からでも借入・返済が可能です。しかし、バンクイックは借入・返済におけるインターネットの対応機能が一切ありません。

また、レイクは他行の口座への振込キャッシングばかりでなく、他行の口座からの返済における自動引き落としも受け付けていますが、バンクイックは自行の口座からしか自動引き落としができません。

なお、自動契約機からのカード発行による即日融資ができたり、コンビニATMの手数料が無料というサービスがあったりすることは両者ともに変わりません。

【参考ページ】
ネットからのバンクイックの使い勝手

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.