アコムとバンクイック、比較したらどっちがいいの?

ちょっと悩んでいます。キャッシングの必要が出てきたので、色々調べていたら、アコムとバンクイックに辿り着きました。口コミなども見て考えているところですが、比較した場合、どちらで借りた方が良いでしょうか。やはり金利の安い方が良いでしょうか。

借入希望額と状況によります

どちらにするか、悩むところですね。アコムもバンクイックも、それぞれに長所がありますので、一概にこちらが良い、とは言えませんが、自分に合った方を選ぶのが良いでしょう。

キャッシングしたい金額は、年収の3分の1以内かそれ以上か。すぐにお金が必要なのか。返済計画はどうするのか。それらを考えて選ぶと、自ずと決まります。

まず、年収の3分の1というのは、「総量規制」という法律によって、貸金業者はそれ以上の貸付を原則禁止しています。年収300万円の人なら、100万円まで、といった具合です。アコムはこの総量規制の対象ですので、年収の3分の1以上を希望されているなら、銀行系で総量規制の対象外であるバンクイックで借りることになります。(参考ページはこちら→貸金業法によって変わるカードローンの選び方

また、今日、明日にでもお金が必要ならば、アコムの方が申し込みから利用までが迅速に済みます。バンクイックも迅速な対応ですが、地方によっては三菱東京UFJ銀行が近くになく、申込は迅速にできても、カードが届くまで時間が掛かるというデメリットがあります。アコムなら全国に店舗や自動契約機があるため、その日のうちにカードを受け取ることもできます。急を要する場合は、アコムで借りる方が速いでしょう。
(⇒バンクイックのカード発行に時間がかかるケース

金利の安さで言えば、バンクイックの方が断然お得になっています。何故なら銀行系キャッシングですので、銀行ならではの低金利が実現できているからです。低額の借入ならば数百円程度の差ですが、高額借入となると万単位で差が出てきます。返済総額を抑えたいならば、バンクイックで借りるのが良いでしょう。

このように、それぞれに特色があり、ケースに応じたサービスがあります。上記に挙げた特色を踏まえて、どちらがご自分に合っているかをお考えください。

【参考ページ】
まずは銀行と消費者金融の違いで比較!

アコムとバンクイックはどう違うのか比較してみましょう

バンクイックは三菱東京UFJ銀行が直接手掛けているカードローンです。銀行が直接販売しているカードローンにしてはサービスが信販会社並みに優れており、他の銀行系カードローンより評判が高いです。審査は銀行なので厳しいと思われがちですが、三菱東京UFJ銀行に口座がなくても利用できるなど案外柔軟な審査をしてくれます。

アコムは昔からある老舗の信販会社です。過払金請求が重なり経営不振に陥り、現在では三菱東京UFJ銀行の傘下にあります。現実にバンクイックの商品説明内容をよく見ると、アコムが審査をしていることがわかります。アコム自体も当然カードローンを提供しているので、両社の違いは気になるところです。

両社を比較すると、何も違いがないように見えます。サービス内容ははっきり言ってほとんど同一です。キャッシングの利用も随時弁済も銀行ATMだけではなく、全国のコンビニATMが使えます。利便性が高いという点では両社とも同一であり、評判が高い理由がわかります。また、融資の上限も両社とも同一なので審査基準自体あまり違わないと思われます。

もともと銀行自体がカードローンを提供する際は、銀行自体の審査部で検討をするのですが、稟議が必要であり時間がかかることが一般的です。バンクイックは最短30分と短時間で審査をすることを宣伝文句にしていますが、従来の銀行審査では不可能です。素早い審査は消費者金融だからこそできることなのです。

アコムもバンクイックも、その意味では比較しても差がありません。しかし、そこは銀行の審査が多少介入する部分があり、現実に同一人物が両者に仮審査を依頼すると結果は違います。審査をする人は同一であっても、審査プログラムまで全く同一ではなく、バンクイックの方が若干厳しい審査プログラムになっているからです。銀行が取引を敬遠するアルバイトや派遣の方のように収入が安定していない人に対しては、融資限度額が低くなってしまうのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.