【心配】死亡者の借金返済は誰がするのか決まっていますか

Q.親が借金をしたまま死んでしまいました。遺品の整理をしていると見覚えのない「利用明細」が数枚出てきて、そこには合計で150万円の借入れ残高が書かれていました。親が借金をしていたということがショックだったのですが、それ以上にこの借金はどうなるのだろうという不安が込み上げてきました。私は家庭を持っていて、主人の給料で毎月何とか過ごせている状態なので急に出てきた150万円という借金を返済することはできません。こんな時にはどうなるのですか?主人は「放っておけ」と言っていますが、放っておいてよいものでしょうか?死亡者の借金返済は誰がするとか決まっているのでしょうか?

A.人が死亡すると死んだ人の財産の相続が始る。相続する人は死亡した人の財産を全て相続することになる。全ての財産だから不動産や預貯金といったプラスの財産もあれば、借金などのマイナスの財産もある。だけど、死んだ人が借金をしていたからといって借金の返済を急に求められても相続した人は困ってしまうでしょう。

そこで、相続する人は借金を含めた財産を相続するかしないか選ぶことができる。ただし、選ばずに放っておくと単純承認ということを選んだことになるので注意が必要だ。単純承認とは借金を含めた財産全てを相続するコトになるので、借金の返済義務が生じます。借金を相続することを避けたいなら相続放棄や限定承認と言った手続きをする必要がある。

相続放棄とは、財産を全部放棄するコトになる。プラスもマイナスも全部放棄する。そうしたらマイナスを相続する心配も無くなりますね。

もう一つの限定承認とは、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を相続すること。プラスの財産を超えるマイナスの財産は相続する必要が無いものになる。そのため、プラスとマイナスのどちらの財産が多いのか分からない時には限定承認を利用するとプラス以上のマイナスがあった時も返済をする必要はない。でも、限定承認は相続人全員が一致で行わないといけないから多少面倒な部分もあるけどね。

相続放棄も限定承認も相続開始後3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きが必要だ。そのため、利用しようと思ったら早めの手続きを取ったほうがいいよ。

死亡者の借金返済は親族がするのですか?

先日、父が亡くなりました。生前好き勝手を繰り返した父で、借金もわかっているだけで500万円を超えています。逆に財産といえるようなものはほとんどありません。聞くところによると、借金も相続されるとのことですが、私がしたわけでもない借金をすべて返済しないといけないのでしょうか?どう考えても、不公平としか思えません。生前も散々好きなことをして家族に迷惑をかけた挙句、亡くなってもそうなんて、腑に落ちません。どなたか知恵をいただけないでしょうか?

相続放棄という制度があります

質問者の方もお気持ちはわかります。確かにどう考えたって不公平に思えますよね。しかし、覚えておいていただきたいのは、被害者はあなただけではない、ということです。お父様の好き勝手によって、借金の貸主もこのままだと被害を被るわけです。お金を貸した側にとっては、相手の死亡によってお金が返ってこないのは不公平だ、というわけです。つまり、関係者の数だけ、利害関係がある、ということなのです。

さて、そうした利害関係を調整するために、民法では相続放棄という制度があります。それは相続を知った後3ヶ月以内であれば、家庭裁判所に相続を放棄する旨申し出ることができる、というものです。気をつけていただきたいのは、これは期間限定だということ。そして、相続放棄というのは、借金だけを放棄するわけではなく、相続者としての立場すべての放棄するということです。

質問者の方の場合、お父様にはほとんど財産がない、とのことですから、相続放棄が合理的な選択なのではないかと思います。まだ時間的な猶予が残されているようならばまずは財産目録を作成してから、慎重に決定なさることをおすすめいたします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.