バンクイック仮審査に不合格だった理由とは

キャッシングベスト3

バンクイックで仮審査が不合格になったのはなぜ?

普段からネットオークションをチェックして、ちょこちょこ買い物してます。でも今回は新しいタブレットを買うので、ちょっとまとまったお金が必要なんです。それでカードローンでキャッシングしようと思い、バンクイックに申し込みました。銀行のカードローンなら安心かなって思ったんです。

しかし、仮審査で不合格になっちゃったんですよね。審査に落ちた理由はわからないので、とても不安です。バンクイックの仮審査に不合格となったのはなぜでしょう?

仮審査に不合格となる最大の理由は過去の返済遅滞です

カードローンの仮審査で不合格となる最大の理由は、過去の返済遅滞の履歴です。以前にもカードローンなどを利用して、返済日に遅れてしまったとか、返済出来なかったという記憶はありませんか?これはクレジットカードの支払いでも同様ですよ。以外に見落としがちですが、クレジットカードの支払いも結局はキャッシング返済と同じで、返済日に引き落としが出来なければ、返済遅滞の履歴となってしまうのです。

あなたの場合も、もし過去にカードローンなどの利用が無ければ、そうした支払いの遅れが原因になっていることも考えられます。特に普段ネットショッピングをしているようですので、可能性としては大でしょう。しかし、こればかりは確実なことはなんとも言えません。もしキチンと確かめたいのであれば、一度自分の記録を信用情報機関で照会してみましょう。自分の記録は申請すれば開示することが出来るので、心配であれば是非やってみてください。

もし信用情報機関での履歴に何の問題も無ければ、もしかしたら他のカードローンなら審査に通るかもしれませんが、返済遅滞などの履歴があった場合は、その時から5年経つまでは、どの金融機関からの借り入れも出来ません。残念ながら、バンクイックを始め、どのカードローンの仮審査も不合格となってしまうでしょう。

バンクイックの仮審査に不合格する場合はどんなとき?

バンクイックでは仮審査と本審査に分けて審査が行われています。この仮審査の段階で不合格となってしまう理由としてはどのようなものがあるのでしょうか。まずは、バンクイックの仮審査について理解しておく必要があります。

通常、バンクイックに限らず他の金融会社も審査を仮審査と本審査に分けている所があります。仮審査は基本的にはその人の、信用をチェックする審査です。別の名を事前審査とも呼ばれています。この事前審査で、信用に問題があると発覚すれば借り入れをすることは不可能となるのです。(参考ページはこちら→仮審査の内部処理について

事前審査では、例えばその人の今までの借金額やほかの会社から融資状態などが問われます。また、過去にブラックリストに乗ったことがあるかどうかも確認するのがこのステップです。ですので、もしも過去に返済が大幅に延滞した事があったり、過払い金の請求などの債務整理を行った事がある人は、こういった審査段階で不合格となってしまうのです。つまり、事前審査ではあなたの信用に問題があるとみなされるためいに、不合格となるのです。
(⇒何故ブラックリストになってしまうのかを確認

バンクイックの事前審査の審査内容は公にはされていませんが大体、他の金融機関と同様にその人の信用問題などをチェックしているはずです。問題があれば事前審査で不合格となってしまう事でしょう。

このように、融資先の人の信用に問題があればバンクイックでは事前審査の段階で否決します。つまり、不合格となってしまい借りることはできなくなってしまうのです。このステップで落ちてしまうという事はその人の信用に問題があるとみなされるためです。逆に、今まで借入サービスやキャッシングなどを活用した事が無いという人はこのステップで落ちてしまうという事はあまりありません。もしも、事前審査で落ちてしまうようであるならば、借りることはもちろんですがその債務のトラブルからある程度時間が経過してからでないと申し込みができない場合もありえます。しっかりとそこは注意しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.