バンクイックは勤続年数が少ないと不利か

キャッシングベスト3

勤務年数が少なくて心配!バンクイックの審査は大丈夫かな?

僕は転職組。先日同窓会に出た時に、やっぱりそのせいで自分は年収が少ないなってことがよくわかりました。まぁその結果貯金も少ないわけで、何かあるとお金を借りないとやっていけません。

今バンクイックを検討してるんですが、問題は勤続年数なんです。カードローンでは問題になると聞いたので不安なんですが、どのくらいからなら大丈夫ですか?

勤続年数は2年以上あれば安心ですが他の条件も加味されます

確かに勤続年数は、一般にカードローン審査では重要視されると言われています。職業に関する審査では、その会社が安定した企業であることも大きなポイントなのですが、公務員以外の民間企業になると、なかなかその判定も難しところです。それに比べると勤続年数は、その月数を算出することですぐに判定が可能ですよね。その人が今後も安定した収入を得ることのできるかどうかの基準としては、非常に重宝な比較方法だと言えるでしょう。

バンクイックでも同様で、やはり勤続年数については申込書に「入社年月」として記入事項が設けられています。ここで申告した年月を元に計算されて、働き始めてからまだ数ヶ月しか経ってないとなると、審査に通ることは難しいと言われています。評価されるは2年以上ですので、もしも微妙なところであれば、やはり2年を越えるのを待ってから申込んだ方がより確実でしょう。

しかし確かに勤続年数は、2年未満の人よりは10年以上働いている人の方が収入の安定度は高いのですが、バンクイックの審査は何もこれだけで当落を決めているという訳ではありません。例え勤続年数が2年を越えていなくても、他の条件が優秀であれば審査に通る可能性もあります。

例えば転職にも色々ありますよね。リストラで転職を余儀なくされてしまった方もいれば、新たなキャリアアップを目指して職場を変える人もいます。転職によって年収がガックリ減ってしまった人もいるかもしれませんが、逆に大幅な年収アップをする方だって少なくありません。そのようなことも、ある程度は申込書から読み取ることは可能です。

例えばその人の年齢、職種、年収、企業ランク、住宅の状況などから、キャリアアップなのかダウンなのか、必要に応じて判断していると考えられます。ただし勤続年数が数ヶ月など余りに短いと、仮審査の時点で切られてしまう可能性は高いと考えられます。やはり2年は待てない場合にも、他の要素でカバーが難しいこともありますから、少なくとも1年以上経ってから申込むのが望ましいでしょう。

バンクイックでも勤務年数が長い方が審査上有利?

勤務年数はその人が借り入れをする際には非常に大事な審査用項目となってきます。バンクイックでもその点、勤続年数は長い方が審査上有利であるとされています。これはどうしてなのでしょうか。

やはり、勤続年数の長い人の方が安定的な収入が見込めると考えられているからです。例えば、就労年齢が20代後半でありながら勤続年数が1年や2年の人というのは今まで転職をしてきたという可能性が高くなります。転職を繰り返せば当然、収入は安定しませんよね。収入が安定しなければしっかりと返済をしてくれるという保証はありませんし、確率も低くなります。ですから、その職場への勤務年数はなるべく長い方が望まれるのです。

ただし、勤務年数は長い方が有利であるとされていても、勤務形態は基本的には問われません。バンクイックでは正社員はもちろん、パートやアルバイト、派遣社員であっても借りることはできるようになっています。他の銀行系カードローンであれば勤務形態も結構問われるのですがバンクイックではそこまで厳しく見ないのです。ただし、パートや派遣社員であってもその職場への勤務年数が長い方が有利であるという事に代わりありません。逆にこの場合は正社員の方が必然と勤務年数は長くなるので正社員でない場合は勤続年数などで不利になることがあるのです。

また、同様の理由から居住年数も審査されることがあります。理由は同じく、居住年数が長いほど安定的な生活ができているという推測から居住年数も審査項目であるのです。

このように、バンクイックでは審査の際に問われる項目としてその職場への勤務の年数も問われます。これはアルバイトであろうがパートであろうが派遣であろうが同様です。なるべく、年数が長い方が借りるには圧倒的に有利となります。将来的に銀行や大手の消費者金融から借りようと考える方は、あまり転職や引越しなどは多くしない方が良いかもしれませんね。しっかりとこれらを念頭に入れて申し込みをしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.