バンクイックの審査は総量規制に関係ある?

キャッシングベスト3

バンクイックの審査は総量規制の金額に基づいて行なわれますか?

バンクイックはアコムの審査をパスしなければいけないんですよね?ということは、総量規制の対象になるということですか?消費者金融の審査は年収の3分の1までしか受け付けてもらえないんですよね?

バンクイックは銀行カードローンなので総量規制の対象外です

何かいろいろな配線がこんがらかっているようなので、一本一本ほどいていきましょう(笑)。最初の絡まりは、「アコムの審査=消費者金融の審査」という点ですね。確かにアコムは消費者金融の大手ですが、バンクイックに関わる上では消費者金融ではなく、「保証会社」です。ご存知とは思いますが、銀行のカードローンの多くは消費者金融会社や信販会社などの「保証」が得られて契約が成立します。ただし、ここで登場する消費者金融や信販会社は、あくまでも「保証会社」でしかありません。なので、審査は行っても「消費者金融として」ではないことを覚えておいてください。

次の絡まりは、「バンクイックが総量規制の対象になるか否か」ですね。バンクイックは銀行(三菱東京UFJ銀行)のカードローンなので、総量規制の対象外です。この点については大丈夫でしょうか?総量規制の対象になるのは、「貸金業者」からの個人向けローンのみです。「貸金業者」の中には消費者金融や信販会社、ローン会社にリース会社などいろいろありますが、銀行や信用金庫は「貸金業者」ではありません。「金融機関」です。なので、総量規制の対象にはならないんですね。(因みに、クレジットカードのキャッシング枠は対象になりますから、覚えておきましょう。)

結果として、「バンクイックは銀行のカードローンだから総量規制の対象外」。たとえ保証会社が消費者金融会社であっても、本体は銀行の商品なので、総量規制の影響は受けない。これでスッキリしますよね?

バンクイックの審査に総量規制は関係あるの?

バンクイックは三菱東京UFJ銀行の銀行カードローンの名称です。それで、貸金業者に貸し出しを規制している総量規制は、銀行法が適用されるバンクイックには、まったく関係ないです。だからバンクイックは規制の対象外として融資が行われています。

しかし総量規制は、バンクイックの審査には間接的には影響してきています。単純に貸金業者は総貸出額を年収の3分の1未満に制限されていますから、その分バンクイックは貸し出しに余裕が有ります。余裕が有るということはその分新規または増額の審査が通りやすいということです。

それで総量規制が始まり、規制の対象外ということで、銀行ローンに注目が集まり、貸金業者が融資を制限されている分、バンクイックはその分多く貸し出す事が出来たから、バンクイックの融資残高は大幅に伸びました。バンクイックの保証会社は、三菱東京UFJ銀行の子会社のアコムですから、貸金業者のアコムが銀行から迂回融資をしているような感じになっています。

だけどバンクイックの審査をしているのは、保証会社のアコムです。アコムは本業の消費者金融の融資が制限されている分、収益が落ちています。それでバンクイックの融資残高が伸びれば伸びるほど保証料としての収益が増える分うれしい反面、返済が延滞しての代位弁済率が高まれば逆に収益を圧迫します。だから安易に融資拡大が出来ません。

それで審査面で、多重債務者への融資を厳しく制限します。多重債務者にどこまで貸せるか、いわゆるデッドラインを決めて融資をするわけですが、この時に総量規制のおかげで複数の信用情報機関を利用できるようになったメリットが出てきます。

前まで消費者金融系の情報機関しか利用できませんでしたが、今は銀行系も利用できますから、申込者の借り入れ状況がすべて分かります。すべて分かるから融資可能額の算定が正確に出せるようになりました。正確に出せるから審査の効率がアップしています。

バンクイックの審査には、貸金業者向けの総量規制は直接的には影響しませんが、貸し出しの制限とかで、間接的には影響しています。だからまったく関係ないようで、深い所では関係してきています。

【参考ページ】
バンクイックと消費者金融の決定的な違い

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.