バンクイックの仮審査に合格してなぜ本審査で落ちるんですか

三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックに申込んだ友達が、先日、仮審査に合格したのに本審査に落ちたって愚痴をこぼしていました。そう言う事はあるんでしょうか?

別に珍しくはありませんし不思議な事でもありません

仮審査と本審査とはどう違うのかと言いますと、仮審査は本人申告の内容をカードローン会社が審査します。その審査内容は申し込み基準に達しているかどうか、そして年収と他社からの借入金などを考慮して融資可能かどうかを自動化されたシステムで素早く判断します。

本審査は個人信用情報に重点を置いて保証会社が行います。そして、本人申告にウソがないか、過去の借り入れ状況、返済状況などを念入りに審査します。そして在籍確認も審査項目です。ですから仮審査で審査されない項目もあります。

また、本人の気付かな不備事項も有るかも知れません。例えば複数のカードローンに同時に申込んでいるとか、仮審査で嘘でないにしても、間違いがあったとかです。だから、仮審査で合格したとしても、本審査で落ちる事は当然の事ですがあります。

仮審査に合格したら普通は本審査に受かりますというのは間違いではありません。でも普通じゃない理由が見つかれば、本審査には落ちます。仮審査はしょせん仮審査です。正式に合格していないという事です。

ちなみに、それらの現実も踏まえて、申し込む時は、正直にありのままに、そして丁寧に申告するのが一番いいと思います。審査は非公開で企業秘密ともいうべき事項です。本審査に落ちたご友人は、何かご本人が気づかない不備事項があったんだと思います。もう一度振り返って見直してみれば、その欠けていた部分に気づかれるかも知れません。

【参考ページ】
融資の気になる審査基準

バンクイック。仮審査・本審査でOKなら、晴れて契約へ

銀行でも消費者金融でも、カードローンを組む場合には、仮審査と本審査の2段階に分けて審査が行われます。

仮審査とは、申し込み者の年齢や職業など、属性を入力することによって、融資可能かどうかを機械的に振り分ける作業です。通常は、ここに人間の判断は加わりません。(参考ページはこちら→融資における仮審査の段階について

本審査とは、信用情報の照合や勤務先への在籍確認など、人間の判断によって行われる作業になります。これら2段階の審査を通過して初めて、融資可能額や金利などの詳細な条件が決まります。

東京三菱UFJ銀行で発行されるカードローン、バンクイックの例ではどうでしょうか。バンクイックでは、ホームページのトップ画面に3秒審査という項目があります。これは仮審査を受ける前に、自分が最低条件を満たしているかを即時に判断してもらうものです。この結果で大丈夫そうであれば、実際に申し込み画面を開いて入力していきます。

この入力の際に大切なのは、虚偽申告はもちろんダメですが、曖昧な記憶に基づいた入力も避ける、ということです。本人にそのつもりはなくても、後で入力内容と審査結果に相違が生じた場合は、虚偽申告と判断されて借り入れができなくなってしまうからです。他社の借入がある場合には、「残り100万円ぐらいだったかな」という程度ではなく、きちんと正確な数字を入力しましょう。
(⇒融資審査での嘘は失敗を招く

入力を終えると、仮審査という段階に入ります。遅くとも翌日には、結果がメールで来ます。その中には、融資可能かどうかという結果、もし可能であれば、想定される貸付限度額や、想定される金利が記載されてあります。さらに、次の段階、すなわち本審査に移行する旨も明記されています。

本審査に移行すると、勤務先への在籍確認、および信用情報機関への確認が行われます。これらを無事通過すれば、晴れてカードローンの契約成立ということになります。なお仮審査で提示された貸付限度額や金利と、本審査で提示されたそれらとでは、若干の相違が出ることもあります。各金融機関によって流れが少々違う部分もありますが、概ねカードローンは以上のような感じで契約に至ることになります。
(⇒信用情報機関で調べられている事

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.