賢いバンクイックでのおまとめ方法を教えてください

カードローンをバンクイックでまとめるなんて事をネット上でよく見かけます。僕もサラ金2社から借入れがあって、バンクイックよりも金利が高いので、できればバンクイックから借りてまとめることができないかなあと思っている一人なんですが、金利だけで判断していいものなんでしょうか。バンクイックから借りることができたときの賢いおまとめ方法をアドバイスしてもらえませんか?

金利差だけでなく返済サイクルをよく考えて計算しましょう

バンクイックがネット上でおまとめに使いたいカードローンとして名を馳せていることは、カードローン検索をされたことがある方ならご存知でしょう。限度額が50万以下でも年利14.6%ですし、50万を超えたら12.6%にまで下がりますから、他社のカードローンとの金利差はかなりなものになります。金利面で有利であることは間違いないですね。(参考ページはこちら→バンクイックを低金利で使おう

ただ、ご指摘の通り、金利が低ければそれでいいというものではないんです。肝心なのは返済サイクルを崩さないこと。少なくても現状の返済と同程度の日数間隔で返済は続けなければ、場合によってはマイナスになることもあるんです。バンクイックの返済方法は、三菱東京UFJ銀行に口座を持っていなければ、通常、カードでATMに入金するしかありません。この入金(返済)サイクルは「毎月指定日までに」か「最後の返済から35日後」かを選択することができますが、ここが肝心なところなんです。(参考ページはこちら→バンクイックの返済日設定方法

例えば借入残高50万円、金利14.6%の条件で1万円ずつ返済したとしましょう。このとき、30日おきに返済するのと35日おきに返済するのとでどれくらいの差が出ると思いますか?ざっと計算してみると、30日おきの場合の支払い総額は76万8千円。もう片方の35日おきだとそれが86万6千円にまで増えてしまうんです。その差なんと10万円!月5日違うだけでトータル10万円も多く利息を払うことになるんですね。

他社のカードローンを30日間隔で返済してきた場合、バンクイックにおまとめできた後もその間隔はキープまたは短くする努力が必要だということがお解りいただけたでしょうか。金利プラス返済間隔の短縮。これが賢いバンクイックでのおまとめ方法です。

バンクイックでのおまとめ方法を利用してみて

バンクイックでのおまとめ方法では、他社からの借入が複数あるお客さんに対してまとめて返済を出来る様に一旦バンクイックでの借入金額で全額他社の消費者金融業者などの借入を完済してしまって、一箇所にローンを取りまとめる方法を採用しています。この方法の良さは、支払日が消費者金融業者ごとに違っていて返済日を忘れてしまう恐れがあり、遅れると延滞手数料が取られたりする事もありデメリットばかりとなります。

しかしバンクイックでのおまとめ方法を利用すれば、そう言った返済日を忘れる事無く一本化している兼ね合いで月に一度だけで済みます。そうした事から考えてもちゃんと取引を行う上で利息などの分に関しても安く設定されていれば、借入を行った消費者金融業者に返済するよりも安くなりお得におまとめ方法を採用する事が出来ます。

こう言ったメリットだらけのおまとめ方法ですがやはり利用するには審査が必要となりまして、その辺りは当然シビアに審査を行われ通ったら利用出来ますが通らなかった場合は、仕方が無く利用を諦めるほかはありません。そう言ったおまとめ系の借入は他所の業者も行っていたりもするので、他所の金融業者にお願いするなどを試みる事は良い事となります。
(⇒融資の審査で見られている事

こう言ったローンをキッチリ返す為には、少しでも安い金利での借入を行う必要があり、借入を行う前に必ず返済計画を立てる事もとても重要な事となります。そう言った取り引きの基で返済日に遅れない為にもしっかりとした返済プランを立てて支払う事が必要となります。バンクイックでのおまとめ方法を利用出来る方は、今までの複数社あったローンも一つにする事が出来て、これからの返済もしっかりと行う目標みたいな物が出来ます。そう言った目標に向かって着実にローン残高を減らしていきながら銀行や消費者金融業者とも良いお付き合いをしていきたい所です。

今後もこう言ったお得な商品が出来るのかも知れませんので、今後にも期待したい所です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.