バンクイック増枠の方法は?テレビ窓口でできますか

UFJのバンクイックを使い始めて1年になります。元々カードローンをちょくちょく使うタイプだったので、そこそこ取引実績が貯まってるんじゃないかと思います。だいたい月に1回は使ってますね。人によっては多いと言われそうですけど、返済に困るような使い方はしていないので大丈夫だと思ってます。実際困ったこともないですしね。

最初は他にも使えるカードがあったので限度額についてそんなに考えたことはなかったんですが、持っているのに使わないカードが多くなっていたので解約することにしました。バンクイックだけあればいいかな…と。それに、使えるカードを残しておくと、いつか使いすぎてしまうような気がしたので、その予防のためでもあります。

バンクイックである程度増枠していればいざという時も何とかなりそうだし、今後はこれ一枚でいこうと思います。そこでお伺いしたいのが増枠方法です。電話をすればいいと言う人もいるし、WEBから申し込めるという人もいるし…。自分としてはどちらも時間を取られるので、契約の時に使ったテレビ窓口を利用したいんですが、増枠ってテレビ窓口からでもできますか?無理そうなら電話かな…と思ってはいるんですが。(参考ページはこちら→テレビ窓口の主な用途

増枠申請はまず専用ダイヤルに電話しましょう!

バンクイックは商品発売以降、多くの人の支持を集めています。その理由はお使いになったならお分かりでしょうが、やはり銀行系の商品なのに審査が早く、なおかつ使いやすいという点にあるようですね。審査のスピーディさは申し込み時だけではなく、増枠申請時にも発揮されます。かと言っていい加減な審査をするわけでもないので、信用性もずば抜けて高いと言えるでしょう。
(⇒バンクイックはその日からでも使えるの?

増枠には様々な条件がありますが、あなたの場合、額は分かりませんが返済に困らない程度、月に一回で一年の利用なら、取引実績としては充分と言える条件を満たしていると思います。多くの増枠申請ではやはり「どの程度の取引回数か」「返済状況はどうなのか」という点を重視されます。あとは他社からの借入額も大きなポイントになりますが、現在はバンクイック以外をほとんど使っていないようですので、これも大丈夫でしょう。

増枠の申請前にチェックしておきたいのが個人情報の変更です。契約の時と住所や職業、年収が変わっていることはありませんか?増枠の審査の時に変更されておらず、契約時と現在の情報に齟齬があると判断されると、バンクイックに対して(意図的ではなくても)嘘をついたことになってしまいます。審査に影響することもあるので、こちらもチェックしてみましょう。

バンクイックの増枠の申請は、ホームページで参照できるのですが、まずは専用のフリーダイヤルに連絡をすることになっています。ここは消費者金融など、更にスピーディな審査が売りの金融機関と比較すると煩わしいと思ってしまう人もいるかもしれませんが、銀行系ならではの念には念を入れるチェックと考えて下さい。

電話をすれば増枠に必要な手続きなどを丁寧に説明してもらえます。どんなに急ぐとしたとしても、電話をかければ後は簡単です。今時はメールで完結することも多い時代ですが、オペレーターさんにリアルタイムで質問できることや、何度も確認できるという点においては電話のコミュニケーションにかなうものはありません。

あまり時間を取られたくないというお気持ちも分かりますが、増枠は契約と同じくらい大事な審査が行われます。ここで手間をけちって増枠のチャンスを逃してはもったいないですから、まずは電話から始めてみましょう。

常に意識しておこう。バンクイックで増枠をする方法

バンクイックを申し込んで審査が通過すると、借入の上限額が提示されます。同時に金利も提示されます。申し込みの段階での、あなたの信用が、その金額と金利に反映されています。

ところで、カードローンを利用していると、上限額を超えて利用したいと思うこともあるでしょう。そのような時は、増枠の申請をします。上限額を引き上げてもらえるよう、打診してみるのです。申し込み時点での信用力と、増枠を申請した時点での信用力とを比べた場合、後者のほうが上であればその分だけ上限額が引き上がります。(参考ページはこちら→カードローンの増額についてもっと詳しく

ところで、カードローンの利用期間中に信用力を上げるためには、どうしたら良いでしょう。年収が大幅に上がったのならば、その書類を提出することも信用力のアップにつながるでしょう。信用力アップを示す方法はいくつかありますが、一番現実的な方法を見てみます。

第一に、これまできちんと遅れずに返済をしていたかどうか、という点です。借りたお金を、滞納することなく計画通りに返済していれば、それだけでも信用力はアップします

第二に、これまで上限額一杯のところで借入と返済を繰り返していないか、という点です。例えば30万円の上限額だったとして、30万円一杯まで借り入れて、1万円だけ返済して、また30万円一杯まで借り入れるといったことを繰り返していると、たとえ返済に遅延がなかったとしても、信用力を落とします。上限額を引き上げると返済に困るのではないか、と思われてしまうからです。

第三に、きちんと借入をしているかどうかです。カードローンの契約をして、借入の権利を保有したのに、まったく借り入れた履歴がないとなると、信用力に変化はありません。計画的に返済していることが信用力のアップにつながるわけですから、借入していない限り、返済自体が存在しません。

第四に、計画的返済の実績を半年以上は続ける、ということです。信用力を上げるには、ある程度の時間が必要なのです。

以上のことを意識して実行していれば、増枠の申請は通る可能性が高いでしょう。増枠は、借りる方にとっても、貸す方にとっても、双方にとってメリットなのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.