三菱東京UFJ銀行は間違いなく銀行です

キャッシングベスト3

バンクイックは消費者金融会社ですかそれとも銀行なのですか

バンクイックという商品を出している三菱東京UFJ銀行は、消費者金融会社なんですか、それとも銀行なんですか、というのもこの前、ある銀行のカードローンの記事を読んでいたら銀行だと思っていたら消費者金融会社でした。それで、アレっ!と思いました。

三菱東京UFJ銀行は間違いなく銀行です

確かに銀行系のカードローン会社の中には消費者金融会社があります。最近は銀行と合併している消費者金融会社も多く、どちらなのかわかりにくい金融会社もあります。その場合の一番簡単な見分け方は、総量規制の対象かそうでないかです。総量規制の対象であれば、賃貸業法で営業している消費者金融会社です。

また総量規制の対象外なら銀行法で営業している銀行です。時々、勘違いしてしまうのは、貸付条件によっては消費者金融会社の出しているカードローンでも、総量規制の適用を受けないローンサービスがあります。たとえば借り換えローンなどです。でも最初に金融機関そのものが、総量規制の対象なのかどうかをチェックすれば、銀行か消費者金融かを見分ける事はそう難しい事ではありません。
(⇒総量規制が与える融資額への影響

金融会社の大きな区分は銀行系、信販系、消費者金融系の3つに大きく区分されます。審査の厳しさの順で言うと、銀行、信販会社、消費者金融会社というのが標準的な見方です。そして金利の安いのが銀行系のローンに多いです。さらに借りやすいのが消費者金融会社です。

ただし、これは、あくまで一般的な傾向です。個別の会社の場合、その一般的な例が当てはまらない会社もあります。損な金融会社の中で、三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックは銀行系のカードローンの特徴である低金利が特徴で、銀行系カードローンの欠点である審査とカードの発行もスピーディで多くのユーザーから人気を集めています。(参考ページはこちら→バンクイックはどれくらいの速さで作れる?

消費者金融より銀行ローンであるバンクイックを選ぶ理由とは

個人にお金を貸す金融業者は、消費者金融というイメージを持つ人は少なくありません。なぜこれほどイメージが強いのかというと、やはりテレビコマーシャルの影響があるからです。テレビコマーシャルにおいて、お金を融資しますという内容を流しているのはほとんどが消費者金融です。ただ、よく見ると中には銀行が個人に融資をしますという内容を伝えているコマーシャルも少なくありません。たとえば、バンクイックなどがそうです。

銀行からお金を借りるのは、審査などが厳しくて大変なのではないか、あるいは担保を要求されるのでは心配する人もいるかもしれませんが、今の銀行のカードローンは、審査方法や貸しつけ条件は、消費者金融とほとんど変わりがないようになっています。では、借り入れをする相手として銀行を選ぶメリットというのはどのようなものがあるのでしょうか。まずは、信頼性、安定性といったものが挙げられるでしょう。

銀行は絶対に破綻しないとは言い切れませんが、破綻しにくい企業であることには違いがありません。お金を借りる方としては、債権者がいろいろ変わっていくというのは困る部分があります。なので、破綻しにくい銀行というのは、債権者としては理想的なのです。消費者金融は銀行と比べると、経営の安定性はやや劣る部分があります。それは、お金を集めるということが出来ないからです。

別のメリットとして、金利が低いということも忘れてはいけません。金利が低いと、それだけ、早く返済をすることが出来ます。たとえば、返済金額一万円の内訳で、元金が9000円で利息が1000円というケースと、元金が8500円で利息が1500円というケースでは、当然、前者の方がより多くの元金を返済出来るので、完済も早くなるわけです。利息の差は、債務が少なければそれほど感じませんが、債務額が多くなれば、数万円から数十万円と大きな差が出てきます。なので、債務が増えていく可能性を考慮して、少ない利率で借りる方がいいのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.