誹謗中傷記事で正しい情報じゃありません

キャッシングベスト3

バンクイックの取り立ては相当厳しいと聞きましたがホント?

カード関連の口コミ情報を読んでいたら、何とかチャンネル系の書き込みでバンクイックの取り立ては相当厳しいと書いていた人がいました。それにカードローンの取り立てって結構厳しいと聞きましたがホントなんですか?

誹謗中傷記事のようなもので正しい情報じゃありません

過去に闇金の取り立てなどでテレビで何回か特集番組になった事は実際にあります。でも、それは闇金と呼ばれる違法業者のドキュメンタリーの報道番組です。そういう情報などで取り立てというイメージには、脅したり、乱暴したりという悪質なイメージがあります。
(⇒闇金とはどんな存在なのか?

でも会社名を出して匿名で取り立てが厳しいというような情報は誹謗中傷記事ですので事実ではありません。ただし、借り入れをして返済が遅れた場合は、当然、会社から電話が掛かって来ます。その上で返済に応じるか、直ぐに対応すれば何の問題もないのですが、無視したりして延滞をした場合は正当な法的処置として、自宅に督促状が、数回送られてきたり何度も電話が、掛かって来る可能性はあります。(参考ページはこちら→返済に遅れるとどんな物が送られてくるのか?

それらは法的に正当な手順なのですが、人によっては、それも厳しい取り立てと表現する人がいるかも知れません。でも、くどいようですが、厳しい取り立てではなく法的手続きにすぎません。例えば、延滞などをした場合、連絡先に電話しても、本人が電話に出ない場合など会社に電話が掛かったりします。それも言葉を借りれば取り立てです。

でも、それは督促なんです。その前にカードの利用者が、規則違反をしているという事実があります。でも三菱東京UFJ銀行のカードローンは大手金融会社の人気ランキングでも人気度は高い会社です。闇金融のような悪質な取り立てをして人気ランキングのベストテンに入る会社はありません。素直に考察してみて、あからさまな嫌がらせ、誹謗中傷の類の記事だと思います。

どうなっている、バンクイックの取り立ての実態?

お金を借りる際に気になるのが、取り立てですよね。どうしても怖いイメージがあります。

バンクイックは銀行というのもありますが、やはり取り立ては怖いのでしょうか。一時期消費者金融の大手もかなり怖い時期がありましたからね。

まず、現在の正常な金融業を営んでいる会社が脅迫まがいの取り立てに来ることはまずありません。自宅に押し掛けることはまずないと言ってもいいでしょう。そもそも、法律では強引な取り立てというのは禁止されています。

ですから、正常な営業を行っている会社が脅迫じみた要求をすることや返済の催促をすることはまずないのです。バンクイックも同様です。バンクイックは、三菱東京UFJ銀行が展開しているカードローンサービスです。その様な会社がまず、違法行為をするわけはありません。

では、返済に遅れてしまうとどうなってしまうのでしょうか。これは、実は大きなペナルティーが待っています。法律では返済の延滞には遅延損害金を設けることを認めています。つまり、ペナルティーとしての高利な金利が適用される罰則金が発生するようになっています。この遅延損害金は金利がゆうに20%は超える非常に高い金利で発生します。ですので、現代では取り耐えは行わなくとも、遅延損害金が返済の延滞を防ぐ抑止力となっているのです。

バンクイックにも当然、返済が延滞してしまえば遅延損害金が発生するようになっています。ですので、なるべく早めに返済をした方が良いことに越したことはありません。取り立てをしなくともかなり高いペナルティーを課すことで返済を促すことができているのです。

このように、バンクイックでは漂泊じみた返済の最速は行いません。法律でも違法とされているからですし、顧客離れも引き起こしてしまうからです。
そして、実際の所返済延滞の抑止力は遅延損害金を貸すこととなっているのです。遅延損害金は普通の金利よりも非常に高い金利となっており、余計負担となってしまいます。

【参考ページ】
カードローンの返済に遅れるとどうなるの?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.