バンクイックで年収500万だったら最初の利用限度額は?

カードローンの利用限度額って、どういう風に決められるんでしょうか?私は23歳でまだ勤続3年目の会社員で年収はそんなに高くありません。でも年収が高い方がやはり最初の利用限度額は高いですよね。たとえばバンクイックで年収500万だったら最初の利用限度額はどれくらいになるんでしょうか?

最初の利用限度額は基本的に高くはありません

カードローンの審査で年収が高い方がいいのは言うまでもありませんが、それよりも安定している事が大事なのです。その理由はカードローン会社の賃貸し業が無担保で、保証人なしの信用貸しというシステムだからです。貸したお金が返ってこない場合、代わりに受け取る担保も、代わりに返済してくれる保証人もいないのがカードローンの特徴です。

ですから年収は返済能力に係わって来ますから大事なのですが、それよりも安定している事、つまり返済に対して信頼度が置ける人という事も利用限度額を決める時の大事な要素です。そして、契約した時は返済して貰える保証は基本的にありませんから、利用限度額はだいたい50万円以下の場合が殆どです。

カード会社はリスク回避の為に貸付利率の一番高い利率を設定します。例えば利用限度額30万円で利率が年利率14.7%と言う具合に決めます。そしてお客が借り入れと返済を続けてくれれば、返済実績が残って行って信用度が増しますから、返して貰えないかもしれないというリスクが減ります。

だからお客の希望により増額を認めて金利を下げます。つまりお客の返済に関するリスクが減るほどカード会社は利用限度額をあげて金利を下げます。また、利用限度額に応じて割り当てられる貸付利率は、あらかじめ決められています。その範囲内で利用限度額に応じて利率が決まります。

何れにしましても、最初の利用限度額は、いくら年収が高いからと言っても極端に大きな金額にはなりません。信用情報など、いろいろな要素を検討のうえ決まります。ですから一般的には最初の利用限度額は、50万円以下が普通と思っていてください。

バンクイックで年収500万円の人の借入限度額はいくらになるか

バンクイックでお金を借りる場合、年収500万円の人はどのくらいまでお金を借りることが出来るのかというのは、明確には決まっていません。

まず、バンクイックですが、これは三菱UFJ銀行のカードローンになります。ですから、総量規制の対象外となります。総量規制とは、個人への貸出総額は原則として年収の3分の1までとするという法律です。ただし、これは貸金業法に基づくものであり、その対象は消費者金融、クレジット会社、信販会社となります。銀行は銀行法に基づいて営業を行っていますので、総量規制とは関係ありません。ですから、3分の1を超えての貸付も法的にはなんら問題はありません。現在バンクイックの貸出限度額は500万円となっています。
(⇒総量規制のルールについてもっと詳しく

そこで、総量規制の対象外でもあるので、限度額一杯の500万円まで申請して審査に通るかと言えば、それはありません。明確な規定があるわけではありませんし、個人の属性によって若干前後しますが、せいぜい3割程度までと考えておいたほうがよいです。これは他行でも同じような状況になっています。この程度ならば無理なく返済していけるだろうという金額です。総量規制の3分の1規定もまったく何の根拠も無いものではないのです。

なお、初回の申し込みからいきなり限度額まで借りられるということは無く、せいぜい50万円までとなっています。最初ですから、きちんと返済を続けていけるかどうか様子見といったところです。では、3割ではなく、4割とは言わないまでも、それを少しでも上回るような方法にはどのようなものがあるかですが。

まず、三菱東京UFJ銀行と継続的な取引があり、給与振込みや公共料金、クレジットカードなどの引き落としに利用しており、なおかつ、遅延や延滞が無いことが条件になります。もちろん、総量規制対象外ですから、消費者金融で3分の1を借りて、銀行系で別枠で借りるというのは理論的には正しいのですが、実際の審査では落とされてしまいますので、他社での借り入れが無いことも条件になります。
(⇒バンクイック審査は三菱東京UFJ銀行の口座があると違う?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.