留学費用を三菱東京UFJ銀行のバンクイックで工面したいです

21歳の大学生です。アルバイトをしています。アメリカ留学する事にありました。両親からの支援と貯めていた貯金を全部はたいて工面しましたが、少し資金が5万円ほど不足しています。留学なんかの助成金は無いみたいなので足りない部分を三菱東京UFJ銀行のバンクイックで工面したいのですが、学生でも借りる事が出来ますか

学生でもバンクイックを利用する事が出来ます

バンクイックは学生の融資枠が準備されています。原則は安定した収入がある事が条件です。ですからアルバイトの収入で審査を受ける事が可能です。学生への融資枠は10万円で、もし10万円借りたとしても毎月の返済額は2,000円から返済出来ますので返済の負担になる事もありません。もちろん余裕があれば2,000円以上の返済も出来ます。(参考ページはこちら→アルバイトでも遠慮無くカードローンに申し込もう!

なお審査の事情によって利用限度額は決まりますが、だいたい限度額の10万円は利用出来ている方が多いです。申し込み方法はインターネットなら最短30分で審査回答してくれます。その際のオススメの方法を紹介します。インターネットは24時間いつでも申し込みが出来ます。(参考ページはこちら→ネット申し込みがおすすめな理由

そしてカードの受け取りをテレビ窓口にします。テレビ窓口の営業時間は平日の9:00~20:00、土曜・祝日は10:00~18:00、日曜日は10:00~17:00です。土日は混雑も予想されますので出来れば平日に手続きをされる事をおすすめします。テレビ窓口での契約に必要な書類は、100万円を超えない利用限度額の場合、本人確認書類として運転免許証が必要なだけです。

また免許証をお持ちでない場合は、健康保険証、パスポートなどがあれば大丈夫です。バンクイックは銀行系のカードローンですから金利が安いです。それに、さらにバンクイックは全国各地の提携金融機関のATM利用手数料が0円というのも大変お得にご利用になれます。ちなみに三菱東京UFJ銀行以外で利用出来る提携金融機関は、セブンイレブンなど、ローソン、ファミリーマートなどでご利用になれます。

バンクイックで留学費用を借りられますか?

一般的にまとまった教育資金が必要なのは、と考えますと大学の学費などが中心になりますが、最近ではそれ以外にも留学費用も親にとっては負担になる教育資金になっています。

学費などでしたら、奨学金などをはじめとして公的資金などでもいろいろとありますが、留学の費用となりますと、急に行くことになる場合も多いですので、前もってためておくことは難しい場合が多いです。子どもが自分でアルバイトなどをして貯めることもありますが、やはりそれだけでは足りない分は、親としても出してやりたいと考えます。

そういった場合に便利なのがカードローンです。教育ローンと銘打ってある目的ローンなども便利ですが、やや審査が厳しいことも多いですので、比較的借りやすいフリーローンのカードローンを使うことが増えています。

カードローンの中には、学生でも借りることができるものもありますが、限度額が比較的低めに設定されています。ですので、親が借りたほうがまとまったお金を用意できることになります。バンクイックでは学生でも借り入れが可能です。親の同意書が必要ですが、10万円までなら利用できます。ですので足りない金額がこれで収まる金額でしたら、借りてもいいでしょう。ただしもう少し必要であるなら、親が借りるのも悪くありません。

実際に銀行は低金利ですし、毎月の支払金額の比較的低めに設定されていますので、十分負担にならずに払っていくことができます。仕事を始めてからでは、なかなかまとまった休みを取ることは難しくなります。ですので、学生時代に留学するというのはひとつのチャンスでもあるのです。ですので、お金が足りないから、貯められなかったからという理由であきらめるのは後悔が残ります。

キャッシングやカードローンは生活費や遊興費、さまざまなことに利用できます。留学という将来につながることにも利用することが可能なのです。バンクイックは銀行のカードローンということで非常に信頼感がありますので、留学などの費用にも積極的に利用されているのです。

【こちらも参考に】
学生が直接お金を借りるとしたらどうなる?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.