バンクイックの返済って35日と指定日どっちがいいですか?

バンクイックの返済日についてお聞きします。バンクイックでは指定日と35日周期で返済の二通りありますが、どう違うのでしょうか?どちらが得とか、そういうことがありましたら教えてください。

生活スタイルに合わせて選びましょう

まず、2つの返済日の仕組みについて解説いたします。35日周期は、返済日指定がなければ全てこちらの返済周期になります。借入日の翌日から35日間がいつでの返済日になります。10日後に返済したとすると、その翌日からまた35日目までが返済期限になります。途中で追加借入をした場合、最初の借入額と合わせて期限までに返済する必要があります。また、口座から自動引き落とし返済をするのなら、こちらの返済日は選べません。

指定日返済は、ご利用者様が都合の良い日を指定し、その14日前からが返済日になります。指定日に返済しても良いし、返済金が用意できれば、14日前に返済してもOKです。その場合、35日周期と違い、返済日が延長されることはありません。給料日の翌日などに指定しておけば、返済が確実にできると言えます。

このように、2つの返済日はそれぞれ異なる特性を持っており、一概にどちらが良いとは言えません。例えば、繰り上げ返済がしやすい人なら、35日の方が余裕が持てますし、計画的に返済していきたい人は指定日返済が向いています。ご利用者様の生活に合った返済日を選びましょう。

バンクイックの返済方法には、指定期日払いと35日払いがある

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックは、大手銀行が扱っているカードローンということで信頼度が高く人気のあるサービスです。バンクイックの特徴は審査のスピードが速いので、最短で30分で審査の結果が出るので、申し込みを行ったその日に融資を受けることができるカードローンとなっています。

銀行系のカードローンですので金利が低く設定されていますので、返済計画をしっかりと立てて期日通りに支払いが行いやすいものとなっています。
テレビ窓口を利用して申し込みを行えば、その場でカードを発行してもらうことができるので便利です。

借入れの申し込みには三菱東京UFJ銀行の口座は必要とされておらず、100万円以下の金額であれば収入を証明するための書類の提出も必要ありませんので、手間をかけることなく簡単に手続きを行うことができます。借入れの審査には雇用条件は設定されていませんので、一定の収入さえあれば学生や主婦でも借り入れることが可能な使いやすいカードローンです。

借入れや返済には三菱東京UFJ銀行のATMを使用できる他、提携しているセブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATMを使用しても行えます。
ATMを使って借入れや返済を行う際には、手数料を支払うことなく利用することができ、365日いつでも使えるメリットがあります。三菱東京UFJ銀行の口座から自動的に引き落とすことで返済することもできますし、バンクイックは借入れも返済も千円単位ですることができる点も魅力です。

返済の方式には、残高スライドリボルビング方式が採用されており、支払いに余裕のあるときであれば繰り上げ返済も可能です。支払い期日については、毎月指定した期日に返済する方法と、35日ごとに返済していく方法の2種類から選択できます。35日ごとに返済する場合には、返済を行った日の翌日から35日経過した日が次回の返済日となりますので、日付が毎月変わる点に注意して返済を行うようにしましょう。
(⇒◆◆番目◆◆もしもリボ払いを使って返済をするなら)

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.