アコムへの受任通知とバンクイックへの影響

キャッシングベスト3

アコムに受任通知が届いたらバンクイックも使えなくなりますか?

アコムに過払いがあり、弁護士事務所を通じて返還請求をしようと検討中です。ただ、今後アコムが利用できなくなるのはともかく、弁護士からアコムに受任通知が届けられたらバンクイックも使えなくなるのではないかと気になっています。アコムに対しては過払いで残債全部が無くなって、さらに戻ってくるお金もあるという計算結果を知らされたので返還請求はしたいのですが、本体と保証会社としてのアコムが連動していてバンクイックに影響するのが困りどころなんです。

保証会社としてのアコムが保証できないと思うかどうかです

結論からいうと、保証会社としてのアコムが「保証契約を中止しないと危ない」と判断するかしないかによる、といったところでしょうか。消費者金融としてのアコムとの間で行なう任意整理は過払い返還請求で、さらにアコムへの債務がその請求でなくなるということであれば、質問者様の信用情報に瑕はつきません(債務が残るときは異動情報として残る)。

問題は、バンクイックとの貸し借りがその返還請求で「保証するには危ない人物」と思われるか、ということなんですね。バンクイックの契約締結時に「保証委託約款」を渡されているのはご存知ですか?ローン規定やカード規定、個人情報の取扱いに関する同意書などと同じく、保証に関しての決まりごとがここに書かれています。

「保証委託約款」によれば、その保証を中止できる場合のひとつとして、バンクイックからの債務(借入れ)やアコムの債務を不履行などして、保証会社としてのアコムが「これは債権を確保しないといけない」と判断したときを挙げています。単純な例としては、バンクイックやアコムへの返済を滞らせた場合がこれに当たりますが、質問者様のような過払い返還請求による「アコムの債権消滅」がこれに当たるかどうかは難しいところです。

これがバンクイックへの新規申込みだった場合は審査に大きな影響を与えることは想像できますが、既に借入れ中となると保証契約を打ち切る(中止する)ほどの影響力があるかは、案件ごとの判断とその時の運も左右するというところですね。弁護士に委託されるのであれば、その旨も併せて相談されてみてはいかがでしょうか?

【参考ページ】
金融での保証会社の立場について

バンクイックに弁護士から受任通知が届いたら

毎月の借金の返済が大変で、債務整理を弁護士に依頼することにしました。それで弁護士は任意整理をバンクイックで行おうと、バンクイックで融資をしている三菱東京UFJ銀行に受任通知を発送します。受任通知を受け取った三菱東京UFJ銀行は、返済を要求出来なくなり、さらに債務整理に協力する義務が生じます。

この時三菱東京UFJ銀行は、保証会社のアコムに受任通知が来たことを連絡して、返済が止まったから、アコムに代位弁済を求めます。そしてアコムは三菱東京UFJ銀行に代位弁済をして、弁護士と債務整理について交渉を始めます。

弁護士とアコムで債務整理の交渉が始まり、債務の減額について、弁護士とアコムが話し合いをします。ただ任意整理ですから法的拘束力がなく、アコム側が債務の減額を拒否すれば債務が減額されずに、返済はアコムにしていくことになります。当然もうキャッシングが出来ません。ただ支払っていくだけです。

そして交渉が成立すれば減額された債務をアコムに払っていきます。この場合もキャッシングは出来ません。

さらに債務整理ですから、金融事故としてブラック扱いになります。だからアコムへの債務を完済して10年は経たないとブラックの記録は消えませんから、その間のカードローンの契約は他社でも出来なくなります。

しかし、使用中で任意整理の対象にしていなかったカードはそのまま使えてキャッシング出来ます。しかし、このカードではもう増額は出来ません。出来るようになるのはブラックの期間が終わってからです。

債務整理をすると、借金が減額されて返済が楽になりますが、金融事故扱いでブラックになりますから、今後他で借りる契約を結べなくなります。銀行ローンだと10年はブラックのままです。だから債務整理は非常手段として、出来るだけやらない方がいいです。
(⇒ブラックリストだとどうしても融資は無理?

バンクイックに弁護士から受任通知が届いたら、三菱東京UFJ銀行に返済をする必要が無くなり、交渉が終わるまで債務の支払いは止まります。そして返済は三菱東京UFJ銀行からアコムに変わりますので、そのことを忘れないようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.