貸金業法はバンクイックにも影響するのか

キャッシングベスト3

貸金業法はバンクイックにも影響するの?総量規制が心配です!

バンクイックってアコムが審査やってるんですよね?てことは貸金業法は影響しますか?

実は消費者金融の借入額が増えてきたんで、総量規制の関係で銀行の方がいいかなと思ったんです。でもアコムじゃ同じことになっちゃいますか?

保証会社はアコムでもバンクイックは貸金業法とは無関係です

バンクイックの審査を受ける条件のひとつに「アコムの保証を受けれること」とありますので、バンクイックの保証会社がアコムであることはよく知られていますよね。でもバンクイックはあくまでも三菱東京UFJ銀行のカードローンですから、貸金業法とは無関係です。従って総量規制もかかりません。

ただし、アコムが審査に関わっている以上、アコムでの返済トラブルがバンクイックの審査に影響する可能性はあります。もしも現在アコムで借りていて延滞中だったり、また既に返済済みであっても過去に繰り返し延滞していたりすれば、バンクイックの審査に通ることは難しくなってくるかもしれません。

また過去に債務整理をしていて、アコムが債権者であった場合にも、バンクイック審査に何らかの影響は出るかもしれません。ただしこのような一見ネガティブに見える要素が、実際にどのように判断されるかは何とも言えない所があります。現在の返済能力がはっきりしていればそれでよしとなる場合もありますから、あれこれ考えずに申込むのもひとつの方法ですよ。

一方総量規制に関してですが、銀行カードローンであるバンクイックはこの制度とは無関係です。従ってもしも年収の三分の一以上を借りている人でも、審査に通る可能性はありますよ。ただしこれは法律上は問題がないというだけのことですから、この人には貸せないと判断されれば、年収に十分な余裕があったとしても審査には通らないこともあるんです。

他からの借入のある人に必ずやっておいてほしいのが、バンクイックサイトの「お借入診断」です。他での借入を全て入力すると、審査が可能かどうかを自己判定してくれますよ。名前など個人情報の項目はありませんので、この判定を受けたことが記録に残るといった心配は無用ですよ。また借入額を調整して、何度も判定してみても構いません。

これを使って、どのくらいまで返済すればバンクイックに通る可能性が出て来るかを調べてみてもいいですね。その結果次第で、おまとめや借換えの計画を立ててみてはいかがでしょうか。苦しくなる前に借換えで返済額を減らし、それからバンクイックという方法もありますよ。

貸金業法はバンクイックにどんな影響があるの?

改正貸金業法が施行されて、総量規制で貸金業者は、借り入れ総額が年収の3分の1を超えて貸し付けることを原則として禁止されたので、契約者に対しての貸出額を制限し始めました。

しかし銀行ローンは銀行法だからと、総量規制の対象外になっています。それで総量規制の対象外ということで、借り入れに制限がない為、銀行ローンに人気が出て、その中で審査が甘いバンクイックに人が集中しています。

銀行ローンは無担保ですが、保証会社が契約者が返済不能になった時、契約者に代わって銀行ローンを代位弁済します。その代わり保証料を金利に上乗せして徴集します。それで保証料を含む分、銀行ローンの借入金利は高くなりますが、それでも消費者金融や信販会社の金利より低いのも、人気の一つです。

バンクイックは貸金業法に直接は影響を受けませんが、こうやって間接的に影響を受けています。しかし、間接的な影響はこれだけではありません。審査にも影響しています。

バンクイックの仮審査は、実際にローン契約を結ぶ三菱東京UFJ銀行がしていますが、本審査は保証会社のアコムがやっています。アコムは三菱東京UFJ銀行の子会社ですが、消費者金融で貸金業法の対象です。だから貸金業法の変更は保証会社に影響してきます。

さらに銀行ローンが総量規制の対象外だからといって安易に保証をしたら、返済不能になった人達の債務の返済をアコムがしなければならないことになります。だから本審査では保証できる基準を満たしていない人を審査で落とします。その基準に総量規制の年収の3分の1未満が絡んできます。

アコムも返済可能基準として、年収の3分の1を目安に考えれば、返済不能リスクを減らせると考えます。そんな風に本審査の方にも間接的な影響が出ています。

貸金業法は、銀行法の銀行ローンのバンクイックには直接的な影響はありませんが、規制関係で間接的な影響を受けています。だから対象外だからまったく関係ないということでは無いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.