三菱東京UFJ銀行のバンクイックは銀行系ですかサラ金ですか

三菱東京UFJ銀行のバンクイックは銀行系のカードローンなのでしょうか?それとも消費者金融系のカードローン金社、俗に言うサラ金なんでしょうか?どうして、こういう質問をするのかと言いますと銀行系のカード会社の中には、実質、消費者金融会社もあると聞いたからです。どちらですか?
(⇒銀行と消費者金融の融資の違い

バンクイックは銀行のカードローンです

三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックは銀行系のカードローンです。そして、三菱東京UFJ銀行は銀行法の法規制で営業してします。もちろん銀行ですから、総量規制の対象にはなりません。ご質問の通り銀行系のカード会社の中には消費者金融会社があります。

これは年収の3分の1以上の借り入れが出来ないという総量規制が出来た為、その規制の対象となる消費者金融会社は苦しい営業を強いられます。また、それ以外でも利息制限法で定められた上限を超えた出資法の金利で営業をしていた消費者金融会社の多くが過払い金返還訴訟問題で、ある時期、経営状態が悪化しました。

その為に、銀行の資本力で経営の安定を図り、同時に消費者金融のノウハウを活用するという事で銀行と合併したり銀行の子会社になったりする動きが活発になって行ったのです。ですから銀行系と言っても実際は賃貸業法の法規制で営業する銀行系の消費者金融会社が誕生したのです。

そこで、銀行と消費者金融を見分ける一番簡単な方法ですが総量規制の対象か、そうでないかで見分けると確実に見極める事が出来ます。一般的に銀行のカードローンの特徴は金利が安く、利用限度額が高いという特徴があります。同時に審査が厳しく借りにくいという特徴もあります。

これに比べて消費者金融会社は審査が緩く、借りやすいという特徴がありますが、同時に銀行に比べ金利が高めという特徴もあります。そういう一般的な特徴を踏まえて三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックを見て見ますと、審査はスピーディーで借りやすく、しかも金利が低いという事で、人気の高いカードローンなんです。

銀行系カードローンには、バンクイックなど各種あります

急な出費などに便利なカードローン。今や大学生からパートの主婦まで、安定収入さえあれば申し込みができると、大変人気です。

このカードローンですが、厳密には銀行系と消費者金融系の二種類があります。機能は同じようなものなので、ひとまとめにしてカードローンと呼ばれてはいますが、銀行系は「銀行法」という法律に基づいて発行され、消費者金融系は「貸金業規制法」という法律に基づいて発行されています。

二つの違いは、細かいことを言えば色々ありますが、大きなところでは、総量規制という縛りがあるかないか、という点です。銀行系には、この縛りはありません。消費者金融系には、あります。総量規制とは、貸付限度額が本人の年収の3分の1を超えてはならない、という決まりです。おおざっぱに言ってしまえば、この規制以外は、特に大きな違いもないというところです。

銀行系カードローンで代表的なものは、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、新生銀行などのものがあります。三菱東京UFJ銀行のものは、バンクイックという商品名で出されています。また、新生銀行のものは、レイクという商品名で出されています。レイクは、以前は消費者金融でしたが、現在では新生銀行に買収されて、カードローンの商品名として名を残すだけになりました。

消費者金融系で代表的なものは、アイフル、プロミス、アコムなどのものがあります。プロミスは三井住友銀行の子会社で、アコムは東京三菱UFJ銀行の子会社です。アイフルは独立した東証1部企業です。

銀行系、消費者金融系、どちらが良いかというのは、借りる人が何を求めるかによってきます。単純に低金利だけを求めるのであれば、オリックス銀行の下限金利3.0%は魅力です。すぐに一括返済できる見通しがあるならば、レイクやプロミスが30日間無利息キャンペーンを常設しているので、これを利用したいところです。

他にも、各社様々な特徴を売りにしています。申し込みを検討している人は、それぞれの情報を収集するのはもちろんですが、それ以前に、自分が何を求めているのかを明確にしたうえで、各社の特徴を確認するのが良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.