バンクイックって定期的に在籍確認するってホント?

ちょっと聞いたんですが、バンクイックは定期的に在籍確認するって本当ですか?在籍確認って、申し込みの時だけだと思ってました。あんまり周りに知られたくないので、頻繁に連絡が来ると困るんですけど…。

返済の遅れなどがなければ、連絡はありません

在籍確認とは、文字通り「申込書に記載された職場に本人が在籍しているか」を確認するものです。ですので、転職などをしない限り、何度も定期的に在籍確認をすることはありません。転職した場合は、すぐに変更手続きをしましょう。手続きをしていないと、発覚した時に、最悪融資打ち切りというケースもあります。

もし、職場に連絡があるとすれば、それは返済が遅延していたり、滞納している場合になります。例え本人に連絡がつかなくとも、職場ならば確実にいるわけですし、返済するための給与も職場から出ていますので、悪質な滞納の場合は、給与差し押さえの連絡が職場に行く可能性もあります。
(⇒返済に遅れてしまった場合の対応について

そうならないように、きちんと真面目に返済することが、職場に連絡がいかないようにすることに繋がります。定期的に連絡が来るという人は、返済日を勘違いしているか、うっかり忘れることが多い人です。つまり督促電話ですね。これも信用度を落とす行為なので、返済日はしっかり確実にメモしておきましょう。

ですので、普通に返済している人は、何も怖がる必要はありません。申し込み時だけのものですので、どうぞご安心ください。

バンクイック定期的に在籍確認は行われません

バンクイックは、数多あるカードローンサービスの中でも、低い金利と安心感で人気があるサービスです。何しろ、取り扱っているのは、日本最大のメガバンクである三菱東京UFJ銀行ですから、安心感は他の金融会社のカードローンと比べると別格です。

しかも、バンクイックは審査期間が大変短いため、カードローンを申込んでから、実際に専用のカードを使って融資を受けるまでの期間が短く、即日融資も可能です。そのため、急な出費でお金が必要で困っている人にも大変便利なカードローンになっています。

もちろん、バンクイックと言ってもカードローンですから、利用申し込みをすると、審査が行われます。利用申し込みに当たっては、氏名や年齢、住所と言った個人情報とともに、審査で大切な情報である勤務先や年収、それに勤続年数を申込書に記入しなければなりません。

申込書に記入した情報のうち、勤務先については、実際にその勤務先に申込者が在籍していることを確認するために、在籍確認を行います。この在籍確認は、殆どの場合電話で行われます。しかし、電話をするバンクイックの担当者の方は、バンクイックからとは一言も言いません。三菱東京UFJ銀行の名前でかかって来るか、個人名でかかって来るかのどちらかです。(参考ページはこちら→バンクイックの在籍確認の仕方について詳しく

在籍確認は、申込者が申込書に記入した勤務先に本当に勤務していることを確認する、大切な確認事項です。勤務先に在籍していなければ、年収や勤続年数と言った事項も虚偽の申請を行った可能性が高くなりますので、審査の際には必ず行われます。従って、バンクイックから必ず勤務先に電話がかかってきます。

けれども、在籍確認は、申込者がその勤務先に本当に在籍していることが確認できればよいのです。余計なことは話しません。そのため、本人が電話に出るか、或いは他の人が出ても、申込者本人は不在と言う旨の対応をすれば、在籍していることは確認できます。

この在籍確認は、最初の申し込みの際の審査の時や、或いはその後の利用限度額の増額の申し込みの審査の時に行われます。バンクイック定期的に在籍確認は行ったりはしていません。

カードローンは、利用者個人の信用度に応じてお金を貸すものですから、一旦審査で信用ありと判断されれば、後は延滞などを起こさない限りは信用度は上がることはあっても下がることはないので、在籍確認を定期的に行うようなことはないのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.