バンクイックは在籍確認まで行けば安心か

キャッシングベスト3

バンクイックの審査で在籍確認まで行っても落ちることってある?

バンクイックの審査についてなんですが、在籍確認まで行けば落ちることってないですよね?いろんなカードローンの口コミや情報サイトを見ていたら、「在籍確認までしておいて否決って何だよ」みたいな書き込みがあちこちで見つかったので、バンクイックはどうなのかな、と思ったんですけど…。

申込み内容と提出書類に違いがあったりすれば否決もありえます

審査手順は各社によって様々ですからね…。在籍確認を先に済ませてから信用情報を確認するカードローンも中にはあるということでしょうか。バンクイックは仮審査の段階で書類審査も在籍確認も済ませているため、在籍確認が取れればまず審査落ちはないでしょう。言い方を変えれば、在籍確認が取れるまでは仮審査は終わっていない、ということになりますね。

ただし、在籍確認はあくまでも「仮審査の段階」だということを忘れてはいけません。本申込みの際に提出する申込書や身分証明書、限度額100万円超のときは収入証明書の内容が仮審査の内容と異なっているときには、一転否決ということも十分ありえます。内容に相違があれば審査結果が変わってくるのは当然ですよね。そうならないためにも、収入や勤務先などの情報は最初の申込みからちゃんと書類を見て、間違いのないように申告することが大事なんです。

どこのカードローンでもそうですが、在籍確認をするということだけで電話代というコストがかかります。そのコストを抑えるためには審査の最後に在籍確認が理想でしょう。「在籍確認まで行ったのに落ちた」というのはごく一部のレアケースなのではないでしょうか?

【参考ページ】
仮審査の次に待つものとは?

バンクイックは在籍確認までいっても落ちる場合が有ります

三菱東京UFJ銀行の銀行カードローンのバンクイックは、保証会社がアコムでして、アコムが借り入れの返済を保証して、本審査もアコムがやります。だから審査の合否はアコムが決めます。

カードローンの審査で在籍確認まで有ったのに、落ちることは良く有ります。それで仮審査は三菱東京UFJ銀行ですが、本審査はアコムですから、三菱東京UFJ銀行の判断で落ちたのではなくアコムの判断で落ちたということです。

それで落ちた理由を三菱東京UFJ銀行に聞いても、審査は保証会社がやっているので、当行では分かりませんと答えられます。

申し込み者からしてみれば、在籍確認をされると、職場に電話をされるから、できれば在籍確認をして欲しくないものです。だから在籍確認までして落とすくらいなら、在籍確認する前に落とせと怒りたくなってきます。でもこれはアコム的には最終判断で落としていますから、順番を変えようがないです。

最終チェックの信用情報機関での照会は信用情報機関に料金を払ってやっています。だからアコムからすれば、料金を払って信用情報の審査をして、大丈夫だからと在籍確認をして駄目でしたじゃ、信用情報の料金が丸々損です。だから信用情報は一番最後になっています。
(⇒信用情報機関はどんなところなのか?

それでアコムからすれば、在籍確認が嫌なら他の金融機関を当たってくださいになります。消費者金融なら在籍確認無しで審査を受けられますと、アコムの方で申し込んでくださいになります。

在籍確認をして欲しくないなら、アコムとかプロミスに行けば、在籍を確認できるものを提出するだけで、在籍確認をされないで済みますから、金利が高くなるけど、そうするしかないです。ちなみに在籍を確認できる物として社員証や、会社名の入った給与明細書や源泉徴収票の画像をメールで送るか、写しを郵送で送ることになります。

バンクイックは在籍確認までいっても落ちることがありますから、在籍確認が嫌な人は、消費者金融で借りるようにした方がいいです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.