他社借入れがある場合のバンクイック審査

キャッシングベスト3

バンクイックは他社借り入れがあると審査は厳しいですか?

我ながら驚いちゃいますが、なんか気がついたら3社から借りてたって感じなんです。返済が追いつかず、次は年収の規制のない銀行で借りようと思っています。(参考ページはこちら→銀行融資では本当に年収は無関係?

バンクイックがよさそうなんですが、私みたいに他社から借り入れがあると審査は通り難いんでしょうか?事前に調べる方法とかありますか?

自己判断できる借り入れ診断を是非受けておきましょう

消費者金融やクレジットカードからの借り入れが多くて審査に通り難い人でも、銀行ならば総量規制がかかりません。そのため条件さえよければ借り入れが可能になります。バンクイックも、他で借りれない人にも人気の高い銀行カードローンなんですよ。でも銀行だって返済ができそうにない人にはお金を貸す訳にはいきません。借入額が余りに多い人になると、当然ですが審査に通ることは難しくなってきます。

でもどのくらいの借入額からが条件的に難しくなってくるのでしょうか?バンクイックにはそれが事前にチェックできるようになっています。それがお借り入れ診断です。これは自己診断ですので、実際のバンクイックの審査ではありません。これを使って何度も自己診断したとしても履歴が残ったりすることはありませんので、安心して利用して大丈夫ですよ。

でもこのバンクイックの診断項目は、他からの借り入れについてもかなり詳しく入力するようになっています。銀行、信販系、消費者金融、それぞれの件数と借入額、さらに住宅ローンについての項目もありますので、その人が借りているあらゆるローンについて診断されることになります。ここだけは、実は実際の申込書と全く同じレベルなんですよ。つまりこの診断は、自己診断と言ってもかなり精度の高いものだと考えることができます。

ではもしもこの診断で借り入れができないという結果が出てしまった場合、もうバンクイックは諦めるしかないのでしょうか?もしもこれが本当の審査であれば、一度受けてしまったらどうしようもありません。でもこれは単なる自己チェックですから、その結果を次の対策として活かすことだってできますよ。借入額を1件減らしてみたり、借入額を減らしてみたりして、借り入れ可能になるラインを自分で調べてみましょう。それによっては、今よりどのくらい返済すればバンクイックで借りれるようになるかが分かります。

もちろん、実際の審査の申込書で自分の借入額を改ざんするというのは絶対にダメですよ!そんなことをしても、信用情報を調べられれば一発で発覚してしまいます。仮審査で落ちてしまうのは確実ですし、しかも虚偽の申告となると、次回チャレンジしても通る可能性は低くなってしまいます。あくまでも本式のバンクイック審査に受かるための目安として、この診断を参考にしてみてくださいね。

バンクイックでは、他社借り入れ情報をしっかりと調査します

借金というのは、通常は1社だけからするものです。2社から同時に借金をするというのは、相応の事情があってのことです。つまり、1社だけからの借金では足りないほどお金に困っているか、もしくは1社の返済ができないために他社からも借りて返済に充てるか、などです。だからこそ、カードローンなどの申し込みにおいても、他社借り入れ状況が重視されて当然なのです。
(⇒万が一多重債務になってしまった場合に

例えば、三菱東京UFJ銀行のカードローン、バンクイックを例に見てみましょう。バンクイックでは、申し込み条件をクリアした人たちには、まず仮審査が行われます。仮審査とは、その人の住居形態や年収、勤務先、そして他社借り入れ状況、その返済状況などが調べられます。調べられるとは言っても、その人が自分で申告した内容を、単に機械がチェックするだけですので、その内容が本当であるか嘘であるかということを調べるわけではありません。本当であるという前提で、仮に行われる審査なので、仮審査というのです。
(⇒仮審査に関する補足

仮審査が終わると、今度は本審査に入ります。本審査では、その人が仮審査で申告した内容に嘘偽りはないかを、人の目で確認されます。まず在籍確認というものが行われます。本人の申告した勤務先に、本当に本人が勤務しているかの確認です。実際に職場へ電話が入ります。ちょっと嫌ですが、これは我慢です。

次に、信用情報機関へ問い合わせが行われます。その人が、過去に重大な金融事故を起こしていないか、なんらかの悪質な滞納などがないか、そして、他社からの借入状況やその返済状況なども、この段階で判明します。もしその人が他社借り入れに関して、何らかの虚偽情報を申告していた場合には、この段階でバレてしまうことになります。ここでバレると、当然、融資は受けられなくなります。

大事なのは、仮審査では絶対に虚偽の申告をしないということです。正確な情報を申告しましょう。正確な情報であれば審査に通ったはずなのに、何かを恐れたあまり、つい少しだけ虚偽を入れてしまうと、この人は嘘をつく人だと判断されて、その人間性を根拠に借入ができなくなってしまいます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【借りて安心!】バンクイックよりも利用しやすい金融会社紹介! All Rights Reserved.